創業・開業・起業

飲食店(カフェ・居酒屋…)オープン時の最適な集客手法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
料理人としての経験

おはようございます!Webコンサルタント 山本です。

さて、今日もインターネットを使った集客手法についてお届けできればと思います。

今回フォーカスしていきたいのは、「飲食業をメインにしたオープン時のインターネット集客」についてです。

飲食業の方の中にはインターネットはわからない。どうせ高いんでしょ?

などといったイメージで、オープン時にはチラシしか行わないといった方も多いよう。

新店舗を出店する。または新規店舗を開業するといった時に役立てていただければと思います。

 

カフェや居酒屋など飲食店にインターネット集客が向いている3つの理由

カフェオープン

飲食業といっても、業態は様々あると思います。

カフェであり、居酒屋であり、専門店であり、本当に多岐の業態があります。

確かにその業態ごとで集客手法も全て異なる部分もありますが、ここでは共通してWebに向いている理由をお伝えしていきたいと思います。

 

理由①集客できる範囲が距離で決まっている。

確かに話題のカフェであれば50キロでもわざわざ来店される方もいるかと思います。

しかし新規店舗の場合は、ある程度集客の範囲が限定されています。

 

その時に、インターネットでは地域をターゲットできます。

たまにインターネットは世界中に日本中に広告を配信しなければいけないと思われている方もいますが、最近では広告配信の技術が発展したため可能になりました。

是非この技術を活用していきましょう

 

理由②話題や口コミを作りやすい

これは不思議な現象でもありますが、実はインターネット内で商売しているよりも地域でしっかりと商売をする飲食店のほうがインターネット上の口コミや話題になりやすいという傾向があります。

理由としては、味や感想を伝えやすい。そして周りに「こんないいお店を見つけた!」といったほかの人にちょっとした自慢をしたいという人の顕示欲がでるからかもしれません。

そのため通常広告費は、一度出し始めると継続的に出し続けなければいけないと思われる方も多いかもしれませんが、初期でしっかりと口コミを作れば、安定後はいらなくなりやすくなります。

紙での広告手法では、インターネットに直接つながっていないため口コミを作りづらかったりします。

 

理由③リピートの施策も打ちやすい

新規のお客様を集めた後、行うべきなのが継続して来店するリピート集客の流れです。

スマホが普及したおかげで、リピート施策もインターネットを通して集客しやすくなりました。

 

最近では、コミュニケーションの手段としてメインになっているのはLINEではないでしょうか?

そして電話をするときは、スマホがメインではないでしょうか?

 

その時に、紙の会員証やチラシの情報ではつながりを作るのが難しくなります。

その時にLINE@というラインの公式のアカウントを持つことで、

  • ポイントカード機能
  • 個別にメッセージ送信機能
  • 一斉にメッセージを送信機能

という3点が一気に使えてしまいます。

LINE@を中心にインターネットの集客手段を使えば、リピート施策も強くなっていくでしょう。

 

 

実際に開店時に行うべきインターネット集客手法の具体例

それでは実際にどのような施策を行っていけばいいでしょうか?

インターネット集客

新規来店を目的にした具体的な集客手法

オープン時新規来客を狙った集客手法としては、下記のようなものがおすすめになります。

ただこれらを、作ればいい。そして広告を打てばいいではなく、全てをうまく連動させていくことが大切になります。

  1. サイト制作
  2. 検索連動型広告
  3. FaceBook制作
  4. FaceBook運用・広告
  5. Twitter運用
  6. Instagram運用
  7. ブログ運用

 

リピート来店を目的にした具体的な集客手法

リピート集客を行う場合は、上記に加えて下記を行うといいかと思います。

  • Line@

ここであげた集客手法は全てでは、ありません。

それは、全てをやればいいのではなく、必要なものを必要なだけやる。

それは本業の「料理人」「飲食店」をおろそかになっては意味がないからです。

しっかりとレベルや時間的余裕を見ながら最適な手順、最適な手法を選んでいきましょう。

 

 

実際にインターネット集客をオープン時に利用された方の声

最初は、インターネットで集客をしようとは思いませんでした。

なぜなら私自体が、はっきり言ってパソコンや携帯が苦手だったからです。

けどお店をオープンするといったら周りからホームページ位作りなよ!っていう声をよくもらい、単純にホームページを作ればいいかな。程度で思っていたので、連絡しました。

実際に話を聞いていいくうちに、これは「やっておきたい!」と思えるようになりました。

なぜなら、どれくらいの人がインターネットを活用して探しているのか?っていうのも明確でわかりやすく、期待が持てたからです。

そしてパソコン関係が苦手な私に便利なような設定もしてくれ、その後の管理法までサポートしてもらえるので安心でした。

オープンまであと2か月をきったギリギリでの依頼でしたが、立地があまり自信がなかった分、最初からちゃんと予約がとれたのは本当に大きかったです。そして広告費も約10万円程度で済んだのも驚きでした。

口コミも徐々に増えてきて、この口コミが悪くならないよう、私は本職の料理を作り、いい時間を提供することに専念できそうです。

『飲食店(カフェ・居酒屋…)オープン時の最適な集客手法とは?』のまとめ

今回は、「飲食店(カフェ・居酒屋…)オープン時の最適な集客手法とは?」をお送りしました。

どうでしたでしょうか?

私たち起業支援Bizでは、飲食店をオープンされる方のお手伝いをさせていただいております。

お金の面での不安を解消する飲食店開業資金の融資から、今回の集客へのお手伝いまで、オープンまでそしてオープン後もサポートさせていただきます。

どのような集客手法が必要か?そして広告は必要か?など、すべては開業までの時間にもよります。

例えば、6か月以上オープンまであれば下手に広告を打たず、戦略を立てて、しっかりと運営を行えば広告は必要なくなるかもしれません。

早めの段階から店舗の準備に合わせて、集客の準備をしていくことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事に関連するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

状況 (必須)
 起業したい方 起業済みの方 その他

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*