事業資金・経営計画

日本政策金融公庫 創業融資で失敗する3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
電話連絡

アイデアはばっちり、販路の確保もできた、応援してくれる人も出てきたので、さあ独立しようと考えている人もたくさんいると思います。

でも、独立に踏み切れない人もたくさんいることでしょう。

独立開業のネックは何でしょうか?周囲の反対?安定したサラリーマン生活を捨てることの不安?一番のネックは開業時の資金ではないでしょうか。

そんなお金の不安を解消すべく、創業時の資金調達をスムーズに行えるような参考となるものを提供していきたいと思います。

今回は創業融資における最もおすすめな政策金融公庫の創業融資でよくある失敗するポイント3つをご紹介します。

 

創業時における借入先の選び方

創業融資の借入先

 

事業の為の資金を借りる場所はいくつかあります。

  • 銀行や信金といった民間の金融機関。
  • 日本政策金融公庫といった政府系金融機関。
  • 街金や消費者金融といったノンバンク。

どこでも言われていますが、創業の資金を借りる場合には日本政策金融公庫が最適です。

自己資金が相応にあって、個人の信用情報がきれいなら、事業計画書(創業計画書)の作り方でかなりの確率で借りることができます。

 

銀行や信金はいわゆる制度融資を使っての借入となります。

審査は信用保証協会が行います。創業融資のノウハウがあまりないので、審査に時間がかかるのと、審査自体が厳しくなる傾向があります。

ちょっと多めの金額が必要な場合にはチャレンジする価値はあると思います。

 

ノンバンクからの借入はおすすめしません。

上記の金融機関よりも簡単に借りれますが、金利が高く資金繰りと収益を圧迫するのでできれば避けたい選択肢です

それでは、今回は日本政策金融公庫で創業資金を借入する場合のよくある間違いをお伝えしていきます。

 

ポイント1 日本政策金融公庫の事業計画書(創業計画書)での失敗

事業計画書

 

日本政策金融公庫の相談窓口に行くと、一枚の書類を渡されます。

創業計画書です。

ホームページでもこの書類はダウンロードすることができます。

 

融資コンサルや資金調達コンサルといった人達は、何十枚にもわたる計画書を作ろうとします。

マーケット分析や提供するサービスの優位性をたくさんの文章や図で説明するためです。

 

しかしここが大きな間違いを生むポイントになります。

実は、日本政策金融公庫において創業融資を借りたい場合について不要です。

なぜなら、この創業計画書一枚に審査担当者が知りたい情報が網羅されているからです。

創業計画書に乗っていないことは面談の際に聞けばよいと考えています。

 

そして、政策金融公庫の審査担当者は非常に忙しく、何十枚もある資料なんて見たくありません。

面談の際にその書類に目を通していないことがばれてしまうとクレームになるので、嫌々中身を確認します。

審査担当者に嫌がられると、ほぼ審査は通りません。

完璧な創業計画や創業者などなく、その申込みの粗探しをして案件自体を否決に持っていこうと考えます。

貸す稟議をあげるより、否決の稟議をあげる方が数倍も楽なので。

ですから、公庫に限って言えば、一枚+αくらいにまとめることが大事なのです。

まとめる能力があるのかどうかも審査のポイントです。

 

ポイント2 公庫への創業融資申込時の失敗

字が汚い

 

日本政策金融公庫は特に審査担当者の意見が尊重されます。

担当者が「この人に貸したい」と押し切れば、結構通ります。

担当者も人間です。

嫌いな人の案件よりも好きな人の案件をがんばりたいです。

 

担当者が審査書類を受け取った瞬間から、審査は始まってます。

整理されていない資料、分厚い書類、汚い(雑な)字…

これら一つでも該当する案件が配布されると、その時点で担当者はげんなりしてしまいます。

 

借入希望日まで1週間とか2週間しかない申込みも問題です。

創業の審査は申込みをしてから入金まで概ね1ヶ月くらいかかります。

1~2週間では何の結論も出ないので、期限を切られた中での回答は否決となります。

計画性がなく経営者には向いてないとも判断されてしまったら、次のチャンスもなくなってしまうので注意しましょう。

 

ポイント3 創業融資の面談まででの失敗

電話連絡

 

 

申込みが済んだら、次のステップである審査面談に進みます。

書類がしっかり整い、提出が完了しても、この審査面談までに気をつけなければならないことがあります。

面談日の調整に関するやりとりです。

このやりとりは2つのパターンがあります。

  1. 郵送による通知
  2. 電話による日程調整

創業される方は、電話での調整がされるものとして考えていた方がいいでしょう。

知らない番号からの着信だから出ないとか、折り返しかけるのが数日後になるとかはやめましょう。

連絡が取れない=債務者管理ができないとなり、そもそも融資をするべきじゃない先と判断されてしまいます。

 

『日本政策金融公庫 創業融資で失敗する3つのポイント』のまとめ

今回の3つのポイントはいかがだったでしょうか?

もしかすると、間違ったところに力を入れてしまっており、成功するためのところが抜けていたりしたのではないでしょうか?

いくつか気をつける点はありますが、これらに注意すれば審査担当者のあなたに対する印象は、失敗者とは全く別のものになります。

一つずつクリアして創業・開業を成功させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

融資獲得サポート

融資を獲得するには、コツがあります。

しかしそれは、金融機関ごとに異なります。

そしてさらに審査を実際に担当していたものしかわからなかったのです。

  • どうしても融資を通したい。

  • 信頼のおけるプロに任せたい


とお考えの方のために作成した起業支援Bizのオリジナルサービです。

  • メガバンク、地方銀行

  • 信用金庫、信用組合

  • 国民金融公庫


の融資審査を実際に担当していた担当していた融資のプロが、融資完了まで徹底サポートいたします。

融資の申込みに必要な事業計画書・創業計画書の作成から面談のアドバイスや融資獲得に必要なサポートを実施する起業支援Bizの人気サービスです。

詳しくはこちら

この記事に関連するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

状況 (必須)
 起業したい方 起業済みの方 その他

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*