事業資金・経営計画

小口融資とは?メリット・デメリットで知る獲得方法のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
小口融資の獲得

開業時や開業直後にどれだけの資金があればいいですか?

どれだけの融資を受けたいですか?

借りられるだけ借りたいと答える人もいるでしょうし、〇〇〇万円と具体的に金額が出てくる人もいるでしょう。

しかし、五千万円とか一億円とか言う人はなかなかいないでしょう。

融資は返さなくてはいけないですし、返せないと大変なことになります。

開業時や開業直後のスタートアップ時には「お金=安心」となりますが、事業の失敗のリスクを考えると借入はほどほどの金額にしとくべきでしょう。

金融機関もスタートアップの企業に五千万円とか一億円とか貸すわけもないですし、そんな額の融資を申し込んだ時点で「感覚のずれた危ない人」とのレッテルを貼られてしまい、その後の資金調達の道を閉ざしてしまうことにもなりかねません。

開業資金やその直後の借入は小口の金額としましょう。

今回は、小口融資とは?といったところから、そのメリット・デメリットなどをお伝えしていきます。

小口融資とは?実際はいくらくらいを指すの?

小口融資

では、小口融資とはいくらのことでしょうか?

大手銀行では三千万円でも小口となるでしょうが、一般的には一千万円以下を小口融資としているでしょう。

まずは、この数百万円の融資を受け事業を軌道に乗せてから、さらに大きな額の融資に繋げていきましょう。

小口融資獲得のポイント

小口融資にはメリットとデメリットがあります。

これらを理解し、調達の可能性を高めていきましょう。

小口融資を利用するメリットとは?

金融機関からすると、小口融資はリスク分散になります。「一億円を一先に貸すか、百先に貸すか」を考えるとわかりやすいと思います。貸す先が一先ですと、そこが倒産したら一億円の損失となります。百先であればそのうち十先が倒産しても一千万円の損失で済みます。

融資の大原則はリスク分散なので、本来の金融機関の姿勢は「小口融資を数多くの先に実行する」となります。

大きな融資を受けるよりも審査のハードルは下がりますので、これが最大のメリットと言えるでしょう。

小口融資のデメリット

上記の話と矛盾しますが、金融機関からすると小口融資への取組はコストに合わない為、取り扱いを避けられてしまう場合があります。

これが小口融資のデメリットです。

よく、大手銀行は大手企業しか相手にしない、創業融資や小口融資はやらないといった話を聞くと思います。

これはコスト面から判断されていることであり、収益を上げることが存在意義である企業にとっては当然のこととなります。

このデメリットを回避することが小口融資獲得のポイントでしょう。

デメリット回避から考える小口融資の獲得方法のコツ

小口融資の獲得

小口融資のメリットもデメリットも理解いただけたと思います。

デメリットをなくせば融資に一歩近づきます。

ではどうすればいいのでしょうか?

それは以下の二つです。

  1. デメリットをデメリットと感じていない金融機関から借りる
  2. デメリットよりもメリットが大きい貸出にする

①ですが、金融機関を選ぶということです。小口融資がメインの金融機関、つまり、信用金庫や信用組合、日本政策金融公庫を借入先とすることです。地域経済の発展であったり、政策的な立場であったりとその理由は様々ですが、小口融資に対して積極的なのは間違いないです。小口融資獲得にはこういった金融機関を選びましょう。

②については、プロパー融資でなく信用保証協会付の融資を使うことでクリアできます。保証協会付の貸出は金融機関にとっては優良な資産となります。貸出先が倒産しても保証協会がお金を払ってくれるので、リスクがほぼない貸出となるからです。制度融資の中から金融機関が好むものを選んで使うのがいいでしょう。どの制度がいいのかわからない場合にはご相談ください。

『小口融資とは?メリット・デメリットで知る獲得方法のコツ』のまとめ

「小口融資とは?メリット・デメリットで知る獲得方法のコツ」は、いかがでしょうか?

金融機関から融資を受ける際に大事なことは、情熱や勢いも大切がですが、それ以上に大切なことは融資をしることです。

借入をするタイミング(あなたの事業のステージだけでなく、金融機関の貸したい時期等)や金額の大小、資料の作り方等テクニック的な要素が大きく影響します。

テクニックが全てではありませんが、これがないと受けられる融資も受けられません。

小口融資と聞くと、大型ではないから、そんなに審査も厳しくないでしょう?

ただ書類を一枚出せばいいでしょう?

とお考えの方もいるかもしれません。しかしその小口融資の金額をしっかりと借り入れないといけないと現状をしっかりと把握してください。

起業支援Bizでは、小口融資・大型融資に関わらず、しっかりと金融機関での審査担当を行っていたものが融資の獲得サポートをさせていただきます。

融資申込みの進め方に迷った場合には、ぜひお声掛けください。

融資のプロとして培ってきたテクニックと丁寧なサポートでおお手伝いさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

融資獲得サポート

融資を獲得するには、コツがあります。

しかしそれは、金融機関ごとに異なります。

そしてさらに審査を実際に担当していたものしかわからなかったのです。

  • どうしても融資を通したい。

  • 信頼のおけるプロに任せたい


とお考えの方のために作成した起業支援Bizのオリジナルサービです。

  • メガバンク、地方銀行

  • 信用金庫、信用組合

  • 国民金融公庫


の融資審査を実際に担当していた担当していた融資のプロが、融資完了まで徹底サポートいたします。

融資の申込みに必要な事業計画書・創業計画書の作成から面談のアドバイスや融資獲得に必要なサポートを実施する起業支援Bizの人気サービスです。

詳しくはこちら

この記事に関連するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

状況 (必須)
 起業したい方 起業済みの方 その他

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*