事業資金・経営計画

創業融資をどこ選ぶ?特徴・メリットから考える金融機関比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
創業融資,比較,選び方

創業の際に必要なお金はどこで借りれるのでしょうか?

そして、どこで借りるのがいいのでしょうか?

  • 全国展開しているメガバンクなどの大手銀行でしょうか?
  • 都道府県単位を地盤にしている地方銀行でしょうか?
  • さらに狭い地域を活動拠点とする信用金庫や信用組合でしょうか?
  • もしくは、政府系金融機関である日本政策金融公庫でしょうか?

迷われてる方は多いと思います。

どの金融機関でも間違いではありませんが、創業後の事業展開に違いが出てくる可能性はあります。

創業融資の借入先の選び方やそれぞれの金融機関のメリット・デメリットを比較しながら紹介していきたいと思いますので、自分に合った金融機関選びの参考にしてください。

どこ選ぶ?創業融資の借入先比較。それぞれのメリット

 

起業・創業をするまえは、金融機関ごとの違いや特徴というのはあまり感じたことがないかもしれません。

しかし金融機関との取引は、経営を進めていくために大切なポイントになります。

それでは、金融機関ごとの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

メガバンクなどの大手銀行 創業融資の特徴

 

メガバンク

 

全国に支店がある誰でも知っている銀行です。

ここと取引があると何となくイメージが良くなります。

融資取引のハードルは非常に高いと言われており、数多くのコンサルタントは創業融資の申込みには不向きとしています。

 

借入先比較!大手銀行の創業融資メリット・デメリット

 

事業が大きくなり、必要資金が大きくなってきた時には大手銀行との取引メリットが感じられると思います。

地方銀行ではせいぜい数億円、信用金庫・信用組合では数千万円から1~2億円が限界でしょう。

大きな額の融資を引っ張りたいなら大手銀行でしょう。

金利も低いのでそこもメリットかと思います。

 

デメリットとしては以下のようなものがあります。

  1. 審査が厳しい
  2. 転勤サイクルが短く、担当者の交代が頻繁である
  3. 決算が悪くなるとお金を貸してくれない

これらのデメリットがありますが、大手銀行と取引をしたいと考える経営者はたくさんいます。

大手銀行から取引をお願いされるような会社にすることを目標にがんばるのもありかもしれません。

 

 

地方銀行 創業融資の特徴

地方銀行

 

千葉県や埼玉県、京都府や福岡県といった都道府県単位を営業基盤としている銀行です。

たいていは東京や近隣の県に支店を設けています。

本店のある都道府県では、大手銀行よりも影響力があり、地場の有力企業と密接な関係にあることが多いです。

審査のハードルも高めで、ここも創業融資には不向きとする意見が多いようです。

 

借入先比較!地方銀行の創業融資メリット・デメリット

本店のある都道府県の企業をすごく大切にしてくれる銀行です。

能力が高い行員もたくさんいます。

融資は積極姿勢であり、金利もがんばってくれます。

 

いいことばかりの様に見えますが、デメリットもあります。

県内で集めた預金を運用しきれないので、融資を積極的にせざるを得ないのが実情です。

積極的過ぎて他の銀行の肩代わりをいつも提案してきます。

その瞬間は金利も下がるし、毎月の返済額も落ちるしで不満はないと思います。

しかし、肩代わりされた銀行とは二度と取引はできなくなり、結果として資金調達の窓口を失うことになります。

調達窓口の確保は経営者の大事な仕事の一つです。

甘い言葉に誘われて落し穴にはまらないように注意しましょう。

 

 

信用金庫・信用組合 創業融資の特徴

 

信用金庫

 

地域の御用聞きのような金融機関です。

商店や個人事業主、零細企業が主な取引先で、日々の売上金の集金なんかもやってくれる、非常に小回りの効く金融機関です。

資金量が少なく、預金集めにも必死です。

金利は高めですが、大手銀行や地方銀行よりも審査基準は緩く、リスクを取った貸出をしています。

創業融資には向いていると言われることが多いようです。

 

借入先比較!信用金庫・信用組合の創業融資メリット・デメリット

 

とにかく小回りが効きます。

融資についてもある程度リスクを取ります。

地域経済の活性化が使命のようなものなので、個人事業主や零細企業への支援もしっかりしてくれます。

創業からしばらくは取引をしておくべき金融機関です。

 

デメリットは金利の高さと、融資のボリュームの小ささ、レベルの高い提案が受けられないことです。

事業が軌道に乗ってくると明らかに機能不足となるので、長期的な付き合いは難しいでしょう。

 

 

日本政策金融公庫 創業融資の特徴

 

政府系金融機関

 

預金機能はなく融資のみを行なう政府系の金融機関です。

国の政策をもとに活動指針が決められており、民間の金融機関では取扱いを避けるような貸出を実施します。

小口融資であったり創業融資のようなリスクの高い融資であったりです。

審査のハードルは低いと言われており、創業融資には最適と言われています。

しかしながら、税金を投入しての事業なので、疑惑が持たれるような先に融資することは許されません。他の金融機関とは違った独特の審査基準を持ち合わせています。

 

借入先比較!日本政策金融公庫の創業融資メリット・デメリット

創業融資を前向きに考えてくれて、取引の実績があれば簡単な審査で追加の資金を出してくれる。

返済条件の変更(リスケ)にも柔軟に対応してくれる。

いいところしかないです。

『創業融資をどこ選ぶ?特徴・メリットから考える金融機関比較』のまとめ

 

上記(公庫以外)はいわゆるプロパー(保証協会付きでなく、銀行がリスクを取って独自の融資をすること)についての話です。

創業時、もしくは創業後数年はプロパーでの融資は不可能です。

信用保証協会付き融資でなくてはどこも貸してくれません。

 

審査は信用保証協会がするので、大手銀行も地方銀行も信用金庫・信用組合どこも同じです。

なので、大手銀行は創業融資に向いてないとか、信用金庫・信用組合は創業融資に向いているとかは正しくはない情報です。

大手銀行も子会社を使って保証協会付き融資を推進してますし。

 

借入先を選ぶ際には、将来的にどれくらいの事業にしたいのか、創業後どういったサポートを受けたいか等によって判断する必要があります。

とはいえ、資金調達を最優先と考えるならば、日本政策金融公庫が最も適していることは間違いないです。

創業を予定している方は、日本政策金融公庫から融資を受けられるように準備をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

融資獲得サポート

融資を獲得するには、コツがあります。

しかしそれは、金融機関ごとに異なります。

そしてさらに審査を実際に担当していたものしかわからなかったのです。

  • どうしても融資を通したい。

  • 信頼のおけるプロに任せたい


とお考えの方のために作成した起業支援Bizのオリジナルサービです。

  • メガバンク、地方銀行

  • 信用金庫、信用組合

  • 国民金融公庫


の融資審査を実際に担当していた担当していた融資のプロが、融資完了まで徹底サポートいたします。

融資の申込みに必要な事業計画書・創業計画書の作成から面談のアドバイスや融資獲得に必要なサポートを実施する起業支援Bizの人気サービスです。

詳しくはこちら

この記事に関連するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

状況 (必須)
 起業したい方 起業済みの方 その他

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*