Web/インターネット

起業の際に失敗するホームページ制作3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ホームページ制作

最近では、起業する前または起業した直後にホームページを制作される方が増えています。

確かにいまでは、Web・インターネットで集客するというのは当たり前のことで、それはそれぞれ特徴や特色はあれど業種などは関係なく集客できるようになってきました。

そのため、ホームページ制作会社も創業専門や、激安を売りにしている制作会社が多くいらっしゃいます。

しかしWebに携わって長くなっていると、それは・・・

と言いたくなるようなことが頻出してくるようになってきました。

感覚や、なんとなくでホームページ制作を依頼すると、出来上がってきても集客できなくなってしまうかもしれませんよ。

今回は、起業する際にありがちなホームページ制作会社の失敗ポイントを代表的な3例をあげてご紹介していきます。

失敗1 高すぎるホームページ制作費用の会社

ホームページ制作

 

まず起業や開業をする際に、ある程度準備資金をためていらっしゃる方に多くありがちな失敗ポイントです。

確かに、将来的にはホームページにある程度の費用はさく必要があります。

しかし、それは将来に限った話です。

 

そもそもホームページは作っただけでは、集客に結び付きづらいといえます。

そして、高度なシステムをいれるため高くなる場合もありますが、そもそも見る方が増えてこなければ、せっかく高額で作ったシステムは使われることはないのです。

 

そして、その集客をするのには、最低半年~1年間、3年間、5年間と短期・中期・長期で正しい施策を考えていかなければなりません。

失敗すると1年間は、ほぼ無集客になりえることも珍しくありません。

 

そこに数百万という予算を割く必要があるでしょうか?

一度事業計画からしっかりと割り出して、正しい制作費用・正しい広告費用と割り当てる必要がでてきます。

 

私が起業した方におすすめするホームページ制作の相場としては、業種やシステムによりますが15万円~30万円、システム等を考えても60万円前後を目安とすることをお勧めします。

 

失敗2 将来性・拡張性のないホームページ制作

将来性のあるホームページ制作

 

これは様々な方に当てはまる失敗しやすいポイントです。

そしてわかりづらいポイントの一つともいえます。

ホームページ制作は、かならずリニューアルをするタイミング。そして成長するタイミングがでてきます。

その時に、起業した際に作ったホームページが全く使えないとなると高額な制作費用が必要になってきます。

 

よくあるのが、

『弊社で独自開発したホームページ管理システムなので……』

『○○に特化したホームページシステムなので……』

この言葉には要注意です。

一見、響きがよく、凄いものができあがるのでは?と感じるかもしれませんが、将来的には運用が難しくなります。

 

理由としては、独自のシステムを使うと、他の会社へ移管することが難しくなるためです。

これはホームページ制作会社が他社に逃げられないように行う戦略でもあるため要注意です。

 

おすすめとしては、Wordpressという世界中で使われているホームページを管理するためのツールがあります。

WordPressを使って置くことのメリットとしては、

  1. 自分で編集作業や追加作業ができる。
  2. 他社でリニューアルする際も、以前作った中身は使える
  3. 世界で開発されているので、機能拡張がしやすい

といったことがあげられます。

よほど特殊なシステムを入れる場合以外は、こちらのシステムを使った制作会社を使われることをお勧めします。

 

失敗3 制作だけ、デザインだけ、広告だけのホームページ制作会社

戦略をもとにしたホームページ制作

 

最近では、『作るだけ』『デザインだけ』『広告だけ』というホームページ制作会社には要注意です。

ホームページというのは、あくまで箱です。

 

いい箱の形を作る。

その箱を、いかにしても中身を作っていき、いろんな方に知ってもらえるか?

 

ここが大切なポイントになります。

そして、それを行うにはそれぞれが複合的に絡み合っていきます。

しかしどうしても、複数社入るとそれぞれも利害関係や、コミュニケーションの取り方が異なるため、うまくできていかない可能性が高くなります。

その結果、せっかく作ったホームページは、無駄なものとなり、集客はできないよ。というものになってしまいます。

 

私としては、最低でも1年間、できれば3年間位で予算設定を行い、制作~広告までを一緒に考えていけるような会社を選ばれることをお勧めします。

『起業の際に失敗するホームページ制作3つのポイント』のまとめ

今回は開業・起業時のホームページ制作会社の選び方でよくある失敗を代表例3つをお伝えしました。

起業にとって、これからインターネットは欠かせないツールです。

だからこそ、慎重に、そして将来を一緒に描いていけるようなパートナー的存在を見つけることをお勧めします。

お金を大量に払っても、いいものができるとは限りません。

しっかりと見極めて、起業時からインターネット集客の成功を狙っていきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事に関連するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

状況 (必須)
 起業したい方 起業済みの方 その他

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*